スバルWEBコミュニティ
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

ジオターゲティング
PROFILE
amazon.co.jp
ココセコム
car2_120*60c
ジャパネットたかた
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< マフラー交換しました。 | main | レーダー探知機購入しました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オイル漏れの原因、”クランクシール”でした
今日、友人からオイル漏れの場所がわかったとの連絡があって、仕事帰りに寄ってみた。

クランクシャフト周辺

タイミングベルトカバーなどを取り外した状態の写真です。
赤の矢印の部分が、問題のクランクシール。
タイミングベルトカバーを外してあるので、オイルの流れた痕もはっきりわかります。

オイルの痕

黄色の矢印の経路でオイルの流れた痕が付いていて、円のところにオイルが溜まった痕が・・・。

オイルの痕2

反対側から撮った写真です。

この場所の真下に、オイルクーラー用冷却水パイプがあります。
ということで、前回報告した場所にたどり着く訳ですね〜。

ちなみに、クランクシール以外に予想した原因、オイルポンプとエンジンブロックの間の液体シールからの漏れは無いそうです。

この後の打合せで、クランクシール、カムシャフトシールの他に、今回オイル漏れが無かったオイルポンプとエンジンブロックの間の液体シール、Oリングの交換をすることにしました。

走行距離から考えて、そろそろ危ないですからね〜。
| トラブル | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://skmtimp.jugem.jp/trackback/26
トラックバック

脂肪が増えて不健康