スバルWEBコミュニティ
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

ジオターゲティング
PROFILE
amazon.co.jp
ココセコム
car2_120*60c
ジャパネットたかた
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
GVBスペックC 標準車との装備の違い
JUGEMテーマ:SUBARU


我が相棒、GVBが納車されてから早3カ月半。

そろそろ、GVBを手に入れてからのインプレッションを書いていきたいと思います。

その前に、導入したスペックCの装備についておさらい。

標準車との見分け方、また購入を検討している方の参考になれば幸いです。


★前後フォグランプ無し★

パッと見、一番わかりやすい違いですね。
 
↑フロントフォグ部分は、スムーズなカバー形状になってます。

ちなみに、フォグカバー脇の黒い網目部分は、ただのデザインとなっていて網網には穴が開いてません。

単純に穴あけ加工等した場合、すぐサイドにあるアウトレットからそのまま空気が抜けていくことになりそう。。。

バンパーサイドのアウトレットは、ちゃんと熱気抜きとして機能しているそうです。

ということは、上記加工はその機能をスポイルすることになりそうですね。

空気が漏れないようなダクトをしっかりつけたうえで、フロントブレーキやエアインテーク部に冷気を持っていくのには、もってこいの場所ですね。


☆そうそう、画像に写ってる部分でもう一つ、ヘッドランプウォッシャーも付いてません。

雪解けの季節なんかは汚れが酷いので、あると便利かもとは思うのですが・・・

ただ、ヘッドランプウォッシャ―の作動条件が、ヘッドライト点灯時にウインドウウォッシャ―と連動して作動となってます。

ヘッドランプウォッシャ―のみの作動スイッチも欲しいような気がしますが、どっちみちついてないので、いらぬ心配かな・・・(汗

↑標準車はバンパー下部、黒のメッシュ部分のセンター部分に取り付けられてますが、スペックCは、その部分もメッシュになってます。

ここもフロントバンパー同様、メッシュに穴は開いておらず、ただのデザインになってます。

これを本物のメッシュにして、リアバンパーの空気抜きにしようかな!と思ったのですが、裏側を見ると、この部分までフレームの鉄板があるようです。

つまり、ここを網にしても、空気抜きとしてはほとんど意味無しといったところでしょうか。。。

話が脱線しましたが、後ろから見た場合、一番わかりやすい見分けポイントですね。

ただ、冬の地吹雪等を考えるとリアフォグは欲しいなと思ってます。
そうなると、純正のフォグが違和感なく取り付けられるということで、将来的にはこの真ん中部分が赤くなるかも・・・
続きを読む >>
| GVB−D型考察 | 00:27 | comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |

脂肪が増えて不健康